精密ステンレス鋼鋳造

精密ステンレス鋼鋳造

CNC機械加工による精密ステンレス鋼鋳造。

制品の詳細

CNC精密機械加工による精密ステンレス鋳物で、船内のPVバルブに使用されています。


ロストワックス鋳造から作られました。 材質は316Lです。


この製品の難しさ:複雑な鋳造と難しい機械加工。


主に304、304L、316、316L、904Lなどのステンレス鋼鋳物の材質


精密ステンレス鋳造はロストワックス技術で処理され、この技術は正確なサイズと滑らかな表面を持つ鋳造部品を作ることができます。


主に船舶、バルブ、ポンプ、パイプライン、メーター、石油および石油機械、化学機器などに使用される精密ステンレス鋼。


300シリーズステンレス鋼

ステンレス鋼鋳物に最も広く使用されている合金です。

  • タイプ304ステンレス鋼鋳物

    最も広く指定されているステンレス鋼鋳物です。 18%のクロムと8%のニッケルを含有するオーステナイト系ステンレス鋼、タイプ304ステンレス鋼の鋳造品は、非腐食性環境または800°F(426°C)までの温度の腐食性環境で使用できます。 タイプ304ステンレス鋼鋳物は、優れた低温特性を備え、-400°F(-240°C)の低温でも高い衝撃強度レベルを維持します。 タイプ316ステンレス鋼と比較してクロム含有量が高いため、高温耐酸化性が向上します。 タイプ304ステンレス鋼合金は、CF8およびUNS J92600としても知られています。


  • タイプ304Lステンレス鋼鋳物

    タイプ304ステンレス鋼鋳物の0.08%未満の炭素と比較して、0.03%未満の炭素を含みます。 炭素含有量が少ないため、腐食環境での粒界腐食の影響を受けにくくなり、溶体化処理された304L鋳造品は一部の医療、産業、化学用途に適しています。 タイプ304ステンレス鋼の鋳造品は、サービス中に溶接の修理が必要であり、溶接後の熱処理が行われない場合は、タイプ304ステンレス鋼の鋳造品よりも推奨されます。 タイプ304Lステンレス鋼鋳物は、650°F(345°C)以下のサービスに使用されます。 タイプ304Lステンレス鋼合金は、CF3およびUNS J92500としても知られています。


  • タイプ316ステンレス鋼鋳物

    は、304型および18-8ステンレス鋼よりも耐腐食性の高いモリブデン含有オーステナイト系ステンレス鋼で製造されています。 タイプ316ステンレス鋼は、タイプ304ステンレス鋼を変更したもので、2.0〜3.0%のモリブデンが追加され、塩化物を含む環境での耐孔食性および耐隙間腐食性が向上します。 タイプ304ステンレス鋼よりも高いニッケル含有量と組み合わせると、タイプ316ステンレス鋼の鋳造品は、高温での機械的特性が向上します。 タイプ316ステンレス鋼合金は、CF8MおよびUNS J92900としても知られています。


  • タイプ316Lステンレス鋼鋳物

    タイプ316ステンレス鋼の低炭素バージョンです。 最大の耐食性を得るために、タイプ316Lステンレス鋼鋳物は熱処理する必要があります。 タイプ304Lステンレス鋼鋳物と同様に、合金の低炭素含有量により、溶接熱影響部での大量の炭化クロムの形成が制限されるため、溶接後熱処理は必要ありません。 タイプ316Lステンレス鋼鋳物は、良好な機械加工および溶接特性を備えています。 タイプ316Lステンレス鋼合金は、CF3MおよびUNS J92800としても知られています。


引き合い